通販なら海外の優れた薬も購入できる

これまで医薬品を手に入れるには、病院で処方してもらうか薬局で購入するしかありませんでした。
病院での処方は保険も適用され、医師の診察も受けることができるので多くの人が利用していますが、仕事や学校など忙しくてなかなか時間が取れない人は、病院へ行く暇がありません。
薬局で市販薬を購入し続けるのは非常に高くつくし、自己判断で種類を選ぶので、必ずしも最適なものという訳にはいきません。
しかも最大の問題は、病院や薬局では日本国で承認されたものしか購入できないという点です。

kusuri69それでいいんじゃないの?
と思われるかもしれませんが、世界には日本で一般的に使用されているよりもっと優れたものが数多くあるのです。
例えば、数多くの男性が使用しているED治療薬。
日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類しか承認されていませんが、世界で見ると十数種類のED治療薬が広く普及しているのです。

そのほとんどは、前述した3種類の薬のジェネリック版です。
ジェネリックとは、先に開発・販売された医薬品の特許期間が切れたあと、その先発品の製造方法や効果などを参考にして作られた後発品のことを言います。
通常、医薬品の開発には膨大な時間と費用がかかってしまいます。
物によると、研究開発に10年以上の時間、開発費に100億円以上がかかったという例もあるほどです。
これらの費用を売上で回収しなければならないため、先発品はどうしても価格が高価になりがちです。
対してジェネリックは、そうした先発品を参考にしているため費用も非常に低くて済みます。

そのため、販売する際に価格への転嫁が必要なく、平均して先発品の半額程度の値段で取引されているのです。
世界中ではこういったジェネリック版が非常に多くの人に使用されており、様々な種類が販売されています。

定期的に購入する必要がある薬などは、特にジェネリックの安さが魅力となるのです。
日本では流通していないこういったジェネリックを購入するには、通販サイトを利用するという方法があります。
正確に言うと個人輸入ということになるのですが、輸入に関するすべての手続きを業者が代行してくれ、自分は普段の通販と何ら変わりなく買い物をするだけでよいのです。
業者によっては、1,000種類を超える世界中の医薬品を取り扱っているところもあり、選択肢が非常に多いのが魅力です。

日本で承認されていないとは言っても、世界ではごく普通に承認され、使用されているものばかりなので、安全性への心配は必要ありません。

また、ED治療薬など他の人に知られると少し恥ずかしいようなものも、通販なら誰にも知られることなく購入できます。
業者に依頼すれば、自宅へ送付する際に中身が分からないように包装してくれることがほとんどなので、家族に知られたくない人にもおすすめです。
まずは海外医薬品の通販を取り扱っているサイトを探して、よく調べてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.